カテゴリー:フレンバーの魅力の記事一覧

フレンバー通販サイト

フレンバーは大切な貴女の時間のお供をするトレンドアイテムです

カテゴリー:フレンバーの魅力

フレンバーのここがいい

 

 

フレンバーは2014年3月に発売された
香りと風味を楽しむための比較的 新しい嗜好品です。

どんなところがよいのか、どんな使い途があるか
考えてみました。

 



 

 

 ● 仕事や勉強の区切りに

   ちょっと一服付ける・・・というのは仕事の区切りで
   タバコを吸うとかお茶を飲むとかしますよね。
   これからは、仕事や勉強の区切りでフレンバーで
   一服となりそうです。
   いろんなテイストがあって、次への弾みにもなります。

 
香りと風味を楽しむ新しい嗜好品フレンバー

 
 ● タバコをやめようと思っている人の切り替えに

   私も30年前にはヘビースモーカーでありました。
   禁煙を目指している人は禁煙○○・・というものを
   咥えているよりは、はるかにスマートでおしゃれであります。
フレンバーのリキッドにはニコチン・タールを含むものはありません。

   ヤニ臭さからペパーミントのフレーバーに転換
   180度見る目も変わってきそうです。

 
香りと風味を楽しむ新しい嗜好品フレンバー

 

 

 ● どこでも持ち運びができる
  
   よほど、夏場の軽装時でバッグひとつ持っていない
   状態であれば別であるが、大抵のところには持っていけそうで
   気分転換を図りたい時にはモッテコイ!

   
香りと風味を楽しむ新しい嗜好品フレンバー

 

 

 ● 感情のコントロールに
 
   30種類以上の香料が取り揃えられており、自分の感情が
   高まったり、いらいらしそうな気配の時にフレンバーを
   口にすれば、気分も変わろうというもの。香りには人の
   感情を高めたり、抑えたりすることは知られています。

 

 

こんな記事も参考になります。

フレンバーがおしゃれ!かっこいい!
 
     
 
香りと風味を楽しむ新しい嗜好品フレンバー

⇓                 ⇓

 

このサイトも見てね
彼女いない解決 彼女作る 30代40代からの恋愛 モテる方法代々木・新宿プライベートネイルサロン APRILE被リンク/■バックリンク

フレンバーが爆発する気配!

フレンバーが爆発する気配!
フレンバーが持つテイスト、主張を考察してみました。
なんだか、時流に乗れば一気に爆発しそうな雰囲気を持っています。

 

 

 
 ● その主張

    本来は雰囲気を変えたり、逆に盛り上げたり
    そのテイスト、フレーバーを楽しむものとして商品化されたもの。
    電子タバコなどと特に海外では言われているようですが
    タールもニコチンも入っていません。
    しかし、禁煙を志した人がタバコの代わりに吸うというのは
    可能だと思います。
    このフレンバーは既に芸能界では持っている人が、
    かなりいるとの噂もあり、テレビなどを通じて存在が広がると思われます。
 
 ● その形態

    ポケットにも、すんなり入る程度のサイズ

 

 

 ● イージータイプは品切れ

    フレンバーの廉価版であるイージータイプは使いきりのもので
    2,980円です。(4/27現在)このイージータイプはショップの
ホームページを見ると5種類あるのですが、すべて品切れとなっています。

    個数限定にしているのかどうかは不明ですが、店側の演出でなく、
    イージータイプがすべて売り切れている(4/27現在)ということは、
    通常版とも言うべきコンプリートセットの価格が現在よりも、
    更に安価になれば購入者が爆発的に増える可能性があります。

    コンプリートタイプも数種類ありますが一般的なもので8,480円で
    あり、気楽にテイストを楽しめるような価格ではありません。
    結構、高収入の層をターゲットにしているのでしょうか?
    
    

 

 ●  口コミ、評価など

    グーグル、ヤフーで検索をかけてみました。
    今年の3月に発売されたということなので、一般には、存在が知られて
    いない可能性が高いですが、評価記事はほとんどありませんでした。
    
    私自身も昨日、申込みしたので近日中に商品が届くと思いますが
    使用感など、素直なところを書いて行きたいと思います。      

   

 

 

    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

  若者をターゲットにしているのは、モデルさんをみても想像ができますが
  商品自体はユニークで自己主張のあるものだと感じています。

  今後タイミングに乗りマスメディアで拡散して価格調整によっては、
  若年層の枠を超えたニーズも有り得るのではないかと思われます。 

                                                                  ⇓